• ホーム
  • 妊婦のタミフル使用は可能か?

妊婦のタミフル使用は可能か?

せきが出ている夫婦

妊娠中は免疫力が低下するため、あらゆる病気にかからないように注意する必要があります。
中でも、インフルエンザは妊娠中にかかると危険な病気の一つです。
妊娠中は免疫力が落ちていますし、心肺機能が低下していますから、通常時よりもインフルエンザにかかったときの状態が重症化しやすいです。
もしも、妊娠中にインフルエンザになると、タミフルなどの薬が処方されることがあります。
タミフルというと危険なイメージがあるかもしれませんが、流産してしまったり、先天異常の発症率が高くなるということはありません。
ですから、タミフルを服用しても胎児への影響はないと考えられます。
タミフルなどの治療薬の効果は、インフルエンザを発症してから2日以内に服用すると発熱の症状が短期間にやわらぎ、効果があるので、もしも、インフルエンザが疑わしいと感じたら、すぐに病院に行って相談することが大事になってきます。
中には産婦人科に行く人もいるかもしれませんが、インフルエンザの場合は他の妊婦への感染リスクがあるので、内科に行って治療を受けることになります。
妊娠中にインフルエンザになった場合は、タミフルなどの薬で対処することができますが、できるのであれば、インフルエンザになる前に予防をしていくということが大事になってきます。
中には、妊娠中はインフルエンザの予防接種を受けることができないとイメージしている人も多いかもしれませんが、妊娠中に予防接種を受けたからと言って、胎児に影響があったり、母親自身に影響があったりといったことはほとんどないといわれていますから、安心して予防接種を受けるとよいでしょう。
ただし、アレルギーがあったり、調子が悪い時に予防接種を受けないように注意する必要があります。

関連記事
豚インフルエンザと化学によるタミフルと同類の治療薬 2019年08月30日

化学の力の影響は目覚ましいものがあり、ノイラミニダーゼ阻害薬に分類されるインフルエンザ治療薬が市場に登場すると、瞬く間に類似した治療薬が開発されました。その一つ...

放射線治療をした人もインフルエンザから守るタミフル 2019年08月01日

タミフルは高齢者や小児、基礎疾患を持つ患者等のハイリスクの人たちをインフルエンザの脅威から守るのに強力な薬です。一般にはインフルエンザの治療薬として知られており...

小児用の甘いタミフルを開発 2019年06月29日

インフルエンザは季節性があって冬の時期になると流行して毎年多くの患者があらわれてしまいます。高熱や身体の痛み、寒気や悪寒、嘔吐や下痢などの様々な症状を引き起こす...