• ホーム
  • 妊婦のタミフル使用は可能か?

妊婦のタミフル使用は可能か?

せきが出ている夫婦

妊娠中は免疫力が低下するため、あらゆる病気にかからないように注意する必要があります。
中でも、インフルエンザは妊娠中にかかると危険な病気の一つです。
妊娠中は免疫力が落ちていますし、心肺機能が低下していますから、通常時よりもインフルエンザにかかったときの状態が重症化しやすいです。
もしも、妊娠中にインフルエンザになると、タミフルなどの薬が処方されることがあります。
タミフルというと危険なイメージがあるかもしれませんが、流産してしまったり、先天異常の発症率が高くなるということはありません。
ですから、タミフルを服用しても胎児への影響はないと考えられます。
タミフルなどの治療薬の効果は、インフルエンザを発症してから2日以内に服用すると発熱の症状が短期間にやわらぎ、効果があるので、もしも、インフルエンザが疑わしいと感じたら、すぐに病院に行って相談することが大事になってきます。
中には産婦人科に行く人もいるかもしれませんが、インフルエンザの場合は他の妊婦への感染リスクがあるので、内科に行って治療を受けることになります。
妊娠中にインフルエンザになった場合は、タミフルなどの薬で対処することができますが、できるのであれば、インフルエンザになる前に予防をしていくということが大事になってきます。
中には、妊娠中はインフルエンザの予防接種を受けることができないとイメージしている人も多いかもしれませんが、妊娠中に予防接種を受けたからと言って、胎児に影響があったり、母親自身に影響があったりといったことはほとんどないといわれていますから、安心して予防接種を受けるとよいでしょう。
ただし、アレルギーがあったり、調子が悪い時に予防接種を受けないように注意する必要があります。

関連記事
インフルエンザにかかった家族の接し方 2020年01月08日

インフルエンザに家族が感染してしまった場合、まずは病院に連れて行く事が先決です。発症してからある程度の時間が経過していれば、インフルエンザに感染しているかどうか...

予防接種で抗体を作りタミフルと加湿器で感染予防 2019年12月09日

インフルエンザは、毎年初冬から初春まで流行する、ウイルス性の感染症です。感染力がとても強いため、一旦流行が始まると、咳やくしゃみなどの飛沫を介して、次から次へと...

熱が出る前にタミフルの予防接種 2019年11月11日

インフルエンザは毎年12月頃から流行が始まり、1月から3月くらいが一番のピークの状態になります。インフルエンザに感染すると、2日間の潜伏期間を経てから3日目くら...

豚インフルエンザと化学によるタミフルと同類の治療薬 2019年08月30日

化学の力の影響は目覚ましいものがあり、ノイラミニダーゼ阻害薬に分類されるインフルエンザ治療薬が市場に登場すると、瞬く間に類似した治療薬が開発されました。その一つ...

タミフルで罹患に処方して耐性ウイルスを 2019年10月13日

タミフルは飲み薬のインフルエンザ治療薬として知られています。ヨーロッパなどでは特に安静や解熱薬のために重宝されています。タミフルの消費量は世界の中で日本が圧倒的...