• ホーム
  • 予防接種で抗体を作りタミフルと加湿器で感染予防

予防接種で抗体を作りタミフルと加湿器で感染予防

インフルエンザは、毎年初冬から初春まで流行する、ウイルス性の感染症です。
感染力がとても強いため、一旦流行が始まると、咳やくしゃみなどの飛沫を介して、次から次へと人に感染していきます。
インフルエンザは、数日の潜伏期間の後、突然の高熱が始まり、咳やくしゃみ・痰などの症状の他に、頭痛や関節痛・全身の倦怠感と言った症状が表れます。
免疫の弱い幼児や高齢者は、稀に重症化する場合があるため、特に注意が必要です。
インフルエンザの治療には、リレンザやタミフルと言った薬を使いますが、これは、ウイルスの増殖を抑える働きをするため、発症から48時間以内に服用しなければ、あまり効果は見られません。
感染者は、他者へうつさないように配慮することが大切であり、部屋をこまめに換気したり、加湿器を使って、湿度を適切に保つことも有効となります。
特にインフルエンザウイルスは湿度に弱いため、加湿器の使用の他にも、部屋に洗濯物を干すだけでも効果はあります。
一方、感染していない場合には、帰宅時には手洗いうがいをする他、対策グッズを使用したり、体内にインフルエンザの抗体を作るなど、感染の予防をすると良いです。
体内に抗体を作るためには、インフルエンザの予防接種が有効です。
抗体は、5カ月ほど体内にあるため、流行が始まる前に予防接種を打つ必要があります。
その他にも、人ごみへ出掛ける際にはマスクを着用する、抗菌効果のあるカードを身に着ける、職場の机にミニ加湿器を置くなどの対策が挙げられます。
また、家族に感染者がいる場合には、病院でタミフルを処方してもらうと言う方法もあります。
予防としてタミフルを飲むことで、発症を抑えることが出来ます。

関連記事
インフルエンザにかかった家族の接し方 2020年01月08日

インフルエンザに家族が感染してしまった場合、まずは病院に連れて行く事が先決です。発症してからある程度の時間が経過していれば、インフルエンザに感染しているかどうか...

熱が出る前にタミフルの予防接種 2019年11月11日

インフルエンザは毎年12月頃から流行が始まり、1月から3月くらいが一番のピークの状態になります。インフルエンザに感染すると、2日間の潜伏期間を経てから3日目くら...

豚インフルエンザと化学によるタミフルと同類の治療薬 2019年08月30日

化学の力の影響は目覚ましいものがあり、ノイラミニダーゼ阻害薬に分類されるインフルエンザ治療薬が市場に登場すると、瞬く間に類似した治療薬が開発されました。その一つ...

タミフルで罹患に処方して耐性ウイルスを 2019年10月13日

タミフルは飲み薬のインフルエンザ治療薬として知られています。ヨーロッパなどでは特に安静や解熱薬のために重宝されています。タミフルの消費量は世界の中で日本が圧倒的...

インフルエンザは空気感染ではない?流行前にタミフルを! 2019年09月18日

病気の感染経路として、広く知られているのが空気感染です。空気中に漂っているウイルスを、人が体内に吸い込むによって病気を発症する空気感染は、なかなか予防が困難にな...