• ホーム
  • タミフルで罹患に処方して耐性ウイルスを

タミフルで罹患に処方して耐性ウイルスを

タミフルは飲み薬のインフルエンザ治療薬として知られています。
ヨーロッパなどでは特に安静や解熱薬のために重宝されています。
タミフルの消費量は世界の中で日本が圧倒的に使用されています。
インフルエンザは高熱を発し、飛沫感染で家族や学校そして職場にすばやく広がり、重い症状のまま拡大し続けるとすべての社会生活の機能が麻痺するおそれがあります。
それも新型と対応が遅れ治療薬の絶対数が足りないとなると深刻化します。
本来インフルエンザは余程免疫力が弱い状態になければ自然治癒します。
罹患期間となり、タミフル使用をする際には腎臓や心臓、呼吸器官や糖尿病や高齢者に対しては事前に注意があります。
ウイルス感染から手早くタミフルで罹患期間をできるだけ回避できます。
この薬は主にインフルエンザA型に対してしか大きく有効ではなく、C型に至ってはあまり効き目がありません。
副作用の症例では腹痛などとは別に精神障害や異常行動が見られたものの本来は脳には影響が出なく脳症にはならないと言われています。
インフルエンザウイルスを体内で抑えていき罹患期間を大幅に減らし、宿主細胞からの増殖のウイルス感染の拡大を防いでいきます。
タミフルによって耐性ができていくと再び再発拡大化は減少していきます。
持病持ちの方や鳥インフルエンザ用や子ども用にドライシロップが存在します。
しかし、実際はインフルエンザに対する抵抗力をつけることが同時に重要とする考え方があります。
感染速度の危険のために事前に予防できる薬で世界的に使用されているのがタミフルです。
何にしても感染する前にはタミフルで治癒に向かわせていくのが一番ですが、非常時に以前に供給不足の例があったために世界中で対策が考えられています。

関連記事
インフルエンザにかかった家族の接し方 2020年01月08日

インフルエンザに家族が感染してしまった場合、まずは病院に連れて行く事が先決です。発症してからある程度の時間が経過していれば、インフルエンザに感染しているかどうか...

予防接種で抗体を作りタミフルと加湿器で感染予防 2019年12月09日

インフルエンザは、毎年初冬から初春まで流行する、ウイルス性の感染症です。感染力がとても強いため、一旦流行が始まると、咳やくしゃみなどの飛沫を介して、次から次へと...

熱が出る前にタミフルの予防接種 2019年11月11日

インフルエンザは毎年12月頃から流行が始まり、1月から3月くらいが一番のピークの状態になります。インフルエンザに感染すると、2日間の潜伏期間を経てから3日目くら...

豚インフルエンザと化学によるタミフルと同類の治療薬 2019年08月30日

化学の力の影響は目覚ましいものがあり、ノイラミニダーゼ阻害薬に分類されるインフルエンザ治療薬が市場に登場すると、瞬く間に類似した治療薬が開発されました。その一つ...

インフルエンザは空気感染ではない?流行前にタミフルを! 2019年09月18日

病気の感染経路として、広く知られているのが空気感染です。空気中に漂っているウイルスを、人が体内に吸い込むによって病気を発症する空気感染は、なかなか予防が困難にな...