• ホーム
  • インフルエンザにかかった家族の接し方

インフルエンザにかかった家族の接し方

インフルエンザに家族が感染してしまった場合、まずは病院に連れて行く事が先決です。
発症してからある程度の時間が経過していれば、インフルエンザに感染しているかどうかという事は簡単に調べて貰う事ができます。
ただ発熱後かなりの時間が経過していると、何が原因となっているのか分からないと判断されてしまって実際にはインフルエンザであってもタミフルなどを処方してもらえなくなるので注意しましょう。
インフルエンザと診断されると、その人の年齢によってはタミフルが処方されます。
異常行動などの報告もあるので十分注意して摂取する必要がある薬ですが、家族が一緒に過ごしていればそれほど心配する必要はありません。
ただ、感染と言う点から考えると、家族の接し方には充分気を付ける必要があります。
まず最低限守るべきなのはマスクをする事、そして頻繁に手洗いうがいをする事です。
こうする事によって家族全員がインフルエンザになってしまうと言った事態にもなりにくくなります。
また、接し方としては出来るだけ接する人を少なくするのもポイントです。
部屋は加湿器を使ってなるべく湿度を上げましょう。
加湿器がない場合はぬれタオルなどを使っても代用する事は出来ますが、場合によってはすぐに乾燥してしまう事が有るので加湿器を購入する方が無難です。
できればインフルエンザになっている人は別の部屋で過ごすようにする事、さらにタミフルを服用してから48時間に異常行動が起きる場合が多いので、その間は十分注意する事が接し方としては重要です。
そういう点に注意して接していれば、家族全員がインフルエンザになる可能性も低くなるだけでなく、発症してしまっている本人の回復も早くなる場合も少なくありません。

関連記事
予防接種で抗体を作りタミフルと加湿器で感染予防 2019年12月09日

インフルエンザは、毎年初冬から初春まで流行する、ウイルス性の感染症です。感染力がとても強いため、一旦流行が始まると、咳やくしゃみなどの飛沫を介して、次から次へと...

熱が出る前にタミフルの予防接種 2019年11月11日

インフルエンザは毎年12月頃から流行が始まり、1月から3月くらいが一番のピークの状態になります。インフルエンザに感染すると、2日間の潜伏期間を経てから3日目くら...

豚インフルエンザと化学によるタミフルと同類の治療薬 2019年08月30日

化学の力の影響は目覚ましいものがあり、ノイラミニダーゼ阻害薬に分類されるインフルエンザ治療薬が市場に登場すると、瞬く間に類似した治療薬が開発されました。その一つ...

タミフルで罹患に処方して耐性ウイルスを 2019年10月13日

タミフルは飲み薬のインフルエンザ治療薬として知られています。ヨーロッパなどでは特に安静や解熱薬のために重宝されています。タミフルの消費量は世界の中で日本が圧倒的...

インフルエンザは空気感染ではない?流行前にタミフルを! 2019年09月18日

病気の感染経路として、広く知られているのが空気感染です。空気中に漂っているウイルスを、人が体内に吸い込むによって病気を発症する空気感染は、なかなか予防が困難にな...